エンタテイメント・読書

この歌詞が刺さった!何度でも聞きたい曲はこれ

スポンサーリンク

テレビの音楽番組に久しぶりにはまりました。TBSの「この歌詞が刺さった!グッとフレーズ」という3時間番組でした。3時間に紹介した46曲すべてがだれにでも刺さるわけではありませんので、当ブログでは執筆者の主観で「何度でも聞きたいな」と感じた曲を紹介します。

秦 基博 「ひまわりの約束」

聞き流してしまいそうですが、冒頭の「どうして君が泣くの まだ僕も泣いていないのに 自分より悲しむから つらいのがどっちか分からなくなるよ」が刺さります。この歌は、映画ドラえもん「Stand By Me」の主題歌として作られた曲でした。ドラえもんのために必死でジャイアンと戦った後ののび太とドラえもんのやり取りを見ると余計に刺さりました。

ちなみに、初めは「のび太目線」で書き始めたそうですが、最終的に「キミ」と「僕」がどちらにも当てはまるように仕上げたそうです。

優里 「レオ」

犬好きでなくても、これは泣かされる!

乃木坂46 「きっかけ」

「レオ」同様10代の多くに支持される歌というように、若者にピッタリの歌ですね。「永遠の若者」である私にも刺さりました。

Mr.Children 「innocent World」

有村架純が朝ドラ「ひよっこ」での主演で苦労していたころ、この曲に励まされたと番組のなかで語っていました。

B’z「恋心(KOI-GOKORO)

この歌は、向井理が番組の中で紹介していました。高校時代に部活で頑張っているときに背中を押されたということです。

いきものがかり 「帰りたくなったよ」

やはり制作の背景やファンの解釈を聞くと余計に感動が深まるところがあります。「帰りたくなったよ 君の待つ家に」の「君」を「母親」と解釈してるのを聞いて私もグッと来るところがありました。

エレファント カシマシ 「俺たちの明日

番組のMCをつとめていたのは、加藤浩次。彼はエレファントカシマシの宮本浩次と名前が同じというわけではないのでしょうが、ずいぶん前からこの歌にはまっているようです。

加藤はこの歌の一部をCMで歌っているが、そのときのエピソードがいいですね。宮本に「50代に言葉くれますか?」と訊いたら「50代は引きずり回して自由に生きれ」と答えたと言います。

番外編:刺さる歌・泣ける歌 わたしオススメ

RADWINPS 有心論

山口百恵「秋桜」

宇多田ヒカル「First Love」

アンジェラ・アキ「サクラ色」

スポンサーリンク

検索エンジン

-エンタテイメント・読書