商品・レビュー

コンビニのメロンパンを食べ比べ食レポ

スポンサーリンク

みなさんご存知ですか?

メロンパンは実は日本発祥の菓子パンなんですって!

今ではパン屋さんだけでなく、コンビニエンスストアでもたくさんの種類が売られていますね。

今回はコンビニのメロンパンを食べ比べてみました。

ローソン 『サクサクふわふわメロンパン』

まずは見た目のボリュームがひときわ目を惹きます。

編み目の模様がくっきりと映えて、まさに王道のメロンパンという印象です。

パッケージに大きく『絶品』と謳っているところに、ローソンさん自信の商品だという意気込みが感じられますね。

さっそく食べてみましょう。

外側の生地は商品名の通りサクサク、そしてクッキーを食べているようなホロホロした食感も感じられます。

表面にまぶしてあるシュガーのジャリジャリした食感が甘くて美味しいです。

中のパン生地部分は期待どおりふわふわで、なんとも優しい食感です。

なぜこんなにふわふわなのかしら?

原材料を見てみると、なんと米粉が入っています。

今までのメロンパンに比べてよりふわふわ感が味わえるのは、米粉が入っているからなんですね。

優しい味わいながらボリューミーで食べ応えもある、嬉しい一品です。

ミニストップ『バター風味豊かなメロンパン』

ミニストップには、新発売のメロンパンが店頭に並んでいました。

『発酵バター入りマーガリン使用』とのこと。

いったいどんなお味なのでしょうか。

まず袋を開けると、発酵バターのいい香りがふわ〜っと香ってきました。

メロンパンでこれほどバターの香りを感じるのは初めてかもしれません。

この香りがますます食欲をそそります。

ひと口食べると、外側のビスケット生地と優しい食感のパン生地が絶妙にマッチしています。

ビスケット生地がやや柔らかいので、中のふわふわパン生地との一体感がとても美味しいメロンパンです。

バターの香りも最後まで楽しめます。見た目のスタンダードな印象とは裏腹に新感覚の美味しさでした。

ファミリーマート『もちっと食感の北海道メロンパン』

さて最後にご紹介するのは、今までの概念を覆すかのような斬新な見た目のメロンパンです。

メロンパン特有の編み目模様は無く、丸くて緑色の果物のメロンの形をそのまま表しているようですね。

こんな形のメロンパンは初めて見ました。

さて、ふたつに切ってみます。

美味しそうに熟れたメロンをカットしたようなみずみずしい色味。

赤肉メロンのクリームがぎっしりと入ってます。

すご〜い!メロンパンとクリームパンのいいとこ取りのようです。

外側を覆っているメロン色のコーティングクリームはしっかり甘く、もちもち食感のパン生地とよく合います。

原材料を見てみると『もち米粉』が入っていました。

パッケージに謳っている通りの『もちっと食感』を味わえます。

中に入っている赤肉メロンのクリームがまた美味しい!

もちもちのパン生地とも合いますし、クリームだけで食べても絶品ですよ。

まるでスイーツを食べているようです。

見た目もお味も、こんなメロンパンは初めて食べました。

今回は3品のメロンパンを食べ比べしてみましたが、それぞれ特徴的で作り手さんのこだわりをとても感じました。

ひとくちに『メロンパン』と言っても、今は本当にたくさんの種類が味わえるのですね。

こんなにこだわりの詰まった美味しいメロンパンがお手軽に買えるのはとても嬉しいです。

これからまたどんな新しいメロンパンに出会えるのか。

コンビニエンスストアに立ち寄るのが楽しみです。

関連記事

コンビニの惣菜パン おすすめ3選の食レポ

コンビニエンスストアの和菓子を食べ比べしてみました

美味しいコンビニ ミニストップ

スポンサーリンク

検索エンジン

-商品・レビュー
-,