投資 稼ぐ

日経225デイトレはCFDで取引しよう

スポンサーリンク

CFDでの225は証拠金が安い!

日経225先物取引をスイングトレードなど気長にトレードするのなら、大証での取引でよいでしょう。

一方、スキャルピングトレードなど一日に何回もトレードする場合は、CFDがおススメです。

理由は、なんといっても証拠金の安さにあると思います。

証券会社によっては、大証での取引と同程度の証拠金での取引しか扱っていないところもありますが、大抵は大証取引の証拠金の10分の1以下で取引が可能なのです。

後ほど紹介しますが、私が利用しているところでは、。1ロットあたり100円台でもできます。通常は、1ロットあたり2000円程度でできるところが多いようです。

付け足しになりますが、CFDは、たった一つの口座で、金・原油のような商品、株価指数先物、外国株式など、様々な資産に投資することもできます。

そもそもCFDとは?

ところで、CFDはContract for difference の略で、日本語に訳せば「差金決済」といいます。

簡単に言えば、FXと同じ感覚で商品や株式を取引するツールと言えるでしょう。

なので、私はFX会社のMT4でFXと一緒にCFDの取引をしたりしています。

CEDの225には現物と先物がある

現物は、「JP225Cash」という銘柄で、先物は、「JP225」という銘柄です。

現物のJP225Cashは、スプレッドが狭いが長く持っているとマイナスのスワップポイントが付いてしまうので、スキャルピング・デイトレード向きといえます。

先物のJP225は、マイナススワップというコストがかからないため、1日以上のスイングトレードに向いているといえます。ただし、スプレッドが現物よりも少し広いことと、大証で取引する場合と同様に限月に注意することが必要です。

推奨の日経225CFD扱い業者

私は、次の2社を利用しています。

TitanFX

こちらは、私がメイン口座をFXの自動売買で利用している業者です。

使い勝手の良さから、デモトレードもこちらでやっています。ただし、こちらは先物のJP225のみの扱いです。

使い勝手が良いというわけは、海外の業者にしてはサポートがいいんですね。わからないことをすぐ教えてくれます。

また、デモトレードの資金がなくなったとき、1回目は電話で再度のデモ取引をお願いしましたが、その後は黙ってデモ上の資金がセットされてたりします。

TitanでCFD取引

XM

リアルトレードはXMでしています。XMは、TITANとは逆に現物のJP225Cashのみの扱いです。

私がXMを利用し始めたきっかけは単純です。

XMは、口座開設者に5000円をプラスして取引口座に入れてくれるからです。

XMでCFD取引

海外の会社が不安な方は、こちらのサイトで国内CFD取り扱い業者を調べてみましょう。

CFD国内証券会社比較サイト

スポンサーリンク

検索エンジン

-投資 稼ぐ
-, ,