教育・学習・学校

塾と家庭教師の選び方ポイント

スポンサーリンク

塾も家庭教師も体験授業で決めるのがポイント

余程人気で余裕のある所でない限り,今時の学習塾も家庭教師も体験授業を施しています。

しかも,そのほとんどが無料です。それほど,競争が激しい業界です。

なので,客である親も子供も堂々と体験授業を活用しましょう。そして,納得するまで何件でも何人でも試すべきです。

学校と違って子ども側が先生を選べるという利点があるわけです。

もちろん,契約してからの変更も可能ですが,特に塾の場合はそれぞれの塾の特徴がありますので,講師に限らず塾の雰囲気も確認してから契約すべきです。

学習塾の特徴

学校の場合同様,お子さんの能力・性格と塾の環境が合うかどうかを確認すべきです。

塾には,有名校への進学を目的として上位の子が集まってくる塾と,下位から中位の子の成績アップを得意としている塾などそれぞれ特徴があるからです。

当然,講師もその塾のニーズに合った講師が集められているはずです。

上位の子を教えるのが得意な講師もいれば,下位の子を教えるのが得意な講師もいるのです。

なので,まずは無料体験授業を利用することです。

学習塾か家庭教師か

塾も家庭教師も,基本は講師です。どんなにいい塾に入っても,子どもにふ
さわしい講師でなければダメです。

だからこそ,体験授業をお奨めしているわけです。体験授業は,塾の良し悪しを見るためのものでもありますが,実は講師を選ぶためのものです。

その意味では,家庭教師でも同様です。

大手の家庭教師派遣会社では多くの講師が登録されていますから,気に入らなければ気にいるまで何人でも交替すればいいのです。

その点,塾よりも選択肢は多いかもしれませんね。

学習塾の利点と家庭教師の利点

今ではどこの塾も「個別指導」を看板にしていますが,個別指導は家庭教師にはかないません。1対1が基本ですから。

一方,塾の「個別」は1対1は例外です。それでは塾の経営が成り立ちません。大抵の塾は家庭教師の半額以下でやっているわけですから,1人の講師に対して2~4人の子どもという指導形態になります。

それでも,学校と比べたら指導にかける時間は多くなります。とはいえ,もし,90分の指導時間で4人の指導ということであれば,一人当たり約20分ということになります。

ということで,塾の「個別」はあまり期待できません。

しかし,中にはお得な「個別」もあるかもしれません。

私の塾講師の経験では,中学生が利用する前の時間帯は小学生にとって1対1の指導となることが多い時間帯でした。

これも,事前に体験授業等で下見しておけば分かることです。

このことから,一般の塾の2倍程度で家庭教師を利用できるのであれば,塾よりもお得ということが言えるでしょう。

ただし,気を付けなければいけないのは,(塾の場合もそうですが)時間当たりの指導料以外に,入会金やら年会費やら教材費やらの諸経費が多額かかるのが普通です。

家庭教師派遣会社ではなく,直接契約を仲介してるようなサイトもありますので,そちらも調べてみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

検索エンジン

-教育・学習・学校
-,