健康・生活・介護 商品・レビュー 教育・学習・学校

GPSでの見守りが安心です 子どもも老人も

スポンサーリンク

子どもの行方不明者は国内で年間8万人と言います。海外の人から見れば、日本の子どもたちが一人で歩いているのを見て驚くほど、まだまだ日本では海外と比べれば安全なのでしょう。しかし、「8万」という数字は、アメリカの36万人、中国の20万人と比べても、人口比で言えばそんなに少ないとも言えないのではないでしょうか。

アメリカや中国でなどでの児童の行方不明者の多くは、人身売買と言います。子どもが行方不明になる事件が報道されるたびに、世の親は何とかしなければという思いにかられ、最近ではGPSを利用した端末やアプリを導入する人が増えています。

そもそもGPSとは

英語のGlobal Positioning Systemの略称で、「全地球測位システム」と訳されています。自動車のカーナビでの利用が代表的なもので、人工衛星との通信を利用しての位置情報システムと言えるでしょう。現在では、ナビに限らずスマホやPCにも搭載されますので、日常の様々な場面で活用されています。

GPSアプリの人気・ おすすめはこれです

少子・高齢化時代の要請に伴って、近年急速にGPS端末とアプリの研究が進み、関連商品も一気に増えてきました。

GPS 無料アプリ

無料のアプリはもちろんありますが、無料の端末はありません。なので、これはどんなスマホを買い与えるかという問題に変わってきます。

gps botアプリはキッズ見守りのAIロボット

子どもを見守るGPSでは、GPS BoTが顧客満足度・ユーザー数ともにダントツ1位です。AIと言うだけあって、お子さんの行動を学習してくれるんですね。

お子さんの居場所を常に把握できるのはもちろんのこと、逸脱行動を自動で知らせてくれたり、家族みんなで見守ることができます。

gps bot 口コミ

「なるほど」と思う口コミをコピペしてみました。

携帯を持たせるのがNGである学校に、そっとランドセルに忍ばせるのに最適なアイテムで、ずっとお世話になっています!何度か動きが気になって問い合わせした際もしっかりと回答いただきとても安心して利用することができています。 今後ともよろしくお願いします。
小学1年生から持ち続けています。途中、二年生になったときに学校全体の契約で、1年生から6年生まで全員が持つようになりました。位置情報は正確です。
よく行く場所を自動で認識してくれたり、行動範囲を教えてくたりするのはとても助かります。たまに位置が飛んだり、もどったりするのは愛嬌と思っています。
通学路数カ所に通知スポットを設定しているので、おおよその帰宅時間がわかりますし、一人で歩く区間のお迎えにとても役立っています。
もちろん利用するのは無料ではありませんが、端末が\4800、月々の使用料が\480というのはリーズナブルと言えましょう。後発の他社機種も同様の価格設定のようです。

もちろん利用するのは無料ではありませんが、端末が4800円、月々の使用料が480円というのはリーズナブルと言えましょう。後発の他社機種も同様の価格設定のようです。

詳細はこちら⇒https://www.bsize.com/bot/gps/review?gclid=Cj0KCQjw-JyUBhCuARIsANUqQ_LYRmlR1nDLgRzIIklnMF3fq4FRlUyNjHIrdsYIMe72pruD0Jutv7saApJaEALw_wcB

gps bot トークはGPS BoTの進化版

端末価格、使用料とも少し上乗せになりますが、声のメッセージをやり取りできる機能が付いたのが、GPS BoTトークになります。携帯やスマホのようにリアルタイムでのやり取りができるわけではありませんが、単なる見守りだけでなくメッセージのやり取りができるのはありがたいですね。

gps アップルウォッチはシニア見守りにオススメ

GPS BoTのように安価ではありませんが、Apple Watchは優れものです。

Apple Watchには、さまざまな機能が搭載されており、使いこなすのも大変ですが、シニアの見守りには最適と思います。

Apple Watchの最新バージョンには転倒検出機能が付いているので、高齢者や健康に不安のある人が携帯するのに役立ちます。

具体的には、着用者が転倒した場合にそのことを検知し、手首を叩いてくれるほか、警告音を鳴らし、画面にメッセージを表示してくれます。また、そのまま緊急通報サービスに連絡もしてくれるというので安心です。

見守りアプリに無料もあります

見守る必要があるのは子どもや老人だけではない

実は、見守りが必要なのは子どもと老人だけではありません。現代では若い人でも独り暮らしが増えています。

たとえ元気な若者でもいつ緊急事態が起こるか分かりません。そばに誰かがいれば救急車を手配するなどして助かったはずの命が失われたり、一人悩んで自殺の衝動に捕らわれる孤独な人もいます。

実際にそうした近親者をもった経験から、アプリを開発して多くの人々に利用してもらいたいという思いから無料で提供しているサイトがあります。2件ほど紹介しますのでご活用ください。

https://www.enrich.tokyo//index.html

https://link-plus.info/

スポンサーリンク

検索エンジン

-健康・生活・介護, 商品・レビュー, 教育・学習・学校
-, , ,